へその緒は大切な親子の絆?

子供と母親の強い絆

日本では、出産のときに

 

へその緒を、霧の箱に入れてもらい、

 

一生保存する母親も少なくありません。

 

これは母と子の親子の絆だと考えられています。

 

しかし欧米では、へその緒はそんなに需要に考えていません。

 

すぐに廃棄してしまう人も多いと聞きます。

 

へその緒を通して胎児に母親から栄養を送る大切なライフラインですから

 

胎児の命綱です。

 

そのために親子の絆と考え、一生大切にするお母さんが多いのですね。

 

お父さんはいくらほしがっても、無理ですから

 

お母さんにとっては、とても貴重なものですね。。。

 

子育て占いトップページ