子供の教育費が払えない親にならないために。。。

子供のために、10年先を考えて!

子供を多く出産する方が、たまにテレビで放映されていますが、

 

本当に子どもに十分な食事、教育をさせてあげられるのだろうかと、

 

少し疑問を持ちます。

 

子供には、親を選ぶ権利はありません。

 

自分のもとに産まれてきてくれた子供の学費くらい払えるように準備しておきたいですね。

 

親として、子供を産むだけではなく、子供を大学にまで

 

いかせられるくらいの教育費は、貯めておきましょう。

 

子供が教育ローンで大学を卒業しても、それから長期間にわたり

 

借金の返済に苦しむことになります。

 

大学卒業後も、学費返済で長期間苦しむのは、

 

子供たちにとってみれば、そんなはずでは?!

 

こんなはずでは?!と感じるはずです。

 

夢も希望もだんだんと薄れていきます。

 

そんな希望も夢もみれない子供にさせてはいけません。

 

教育費の工面は、子供が小さいうちになんとかつけておきましょう。

 

詳しく知りたい場合には、無料で受けられるFP

 

FPや専門家が公的施設にいるはず、

 

独りで苦しんでいても、八方ふさがりになるだけです

 

相談してみましょう。

 

子育ての悩み鑑定中〜2016無料子育て占い!