見栄はすてて!

教育費はできる範囲で!

教育費は右肩上がりに、どんどん上がっていますね。

 

そして学校だけでは物足りない親は、お稽古にも

 

多くの費用を支払ってるのではないでしょうか。

 

お友達もしているから、子供にはいい教育をさせてあげたいからと、

 

小さいころから英会話、そろばん、水泳、バレエ、お絵かき、、、

 

親心がとても理解できますが、これが意外と大きな家計の負担になってくるのです。

 

子供が小さいころの、お稽古事の費用は抑えることをオススメします。

 

子供が高校、大学になるまでに多くの教育費を子供の為に貯めておくことです。

 

小さいころには、お稽古よりも親が家庭で教えてあげられることも多くあります。

 

親戚のおうちへ遊びにいくだけでも、子供はたくさん学ぶことができます。

 

お金をかけることなく、たくさんの学べる環境は親が提供してあげられるものです。

 

余裕資金が多くあるご家庭であれば、お金を使うのもいいでしょう、、、

 

しかしそれほど余裕がない場合には、頭を使う調べることで、子供には多くの経験をさせてあげられます。

 

教育費を払っていることで、周囲からすごいわれ安心している人もいるかと思います。

 

他人と自分の家庭を比較することはやめましょう。

 

見栄で子供をお稽古事に通わせている人は、いますぐ見直しましょう。

 

そんな見栄で家計も近い将来頻拍してしまうかもしれません。

 

子供の教育費で将来貧困に陥ることも考えられます。

 

今から堅実な生活をおくりましょう。

 

2016無料子育て占い当たる!