家族会議

子供は親の言うことをきいて当然。。。はもう古い!

親はなんでもしっている、だって経験豊富だから、、、?だから親の言うことを子供がその通りに聞き入れるという、昔は当たり前だった習慣は、今の時代は古いものになっています。

 

親も考え方を進化させなければいけないのです。

 

会社も家族も同じです。
今は、トップダウンで指示を出している会社は、流行に後れ、取り残されてしまう傾向にあります。
情報は、多方向から共有するという考え方が主流です。そのような企業の方がダントツに成長するスピードが早いのです。

 

家庭内でも、子供や親の両方向から意見を出し合うと、子供もこうやって発言すると人は聞いてくれるんだ、問題が発生したら問題を共有して、解決策を一緒に考えるんだ。。。と自然に学んでいくのです

 

親ががみがみと子供の理解できない言葉で、一方通行に押し付けても子供はそれを聞いているふりだけはしますが、本当には理解しません。

 

家庭内でも定期的に、PDCLを行う教育を小さいころから取り入れることがおススメです。
PLAN-> DO-> CHECK-> LEARNですね。

 

まずはそんな家族で話せる場を、月に1回でも、週に1回でもいいので、作ってみましょう。
最初のうちは、みんないやいやですが、慣れてくるとどんどん家族が団結するのを感じられますよ。(*^-^*)